初心者はフィリピンでの援交カフェは利用しない方がいいかも (動画あり)

いつものエロ記事を封印して、今回はちょっとマニラ市内にある援交カフェで実際に被害に遭った観光客からの話も紹介しながら、その実態に迫ってみようと思います。

マラテ・エルミタ地区の「L.A.CAFE」は、特に援交カフェとして有名なスポットで、行ったことがなくてもすでにご存知の方もいるかと思います。

まず先にこういった援交カフェのシステムがゴーゴーバーとどのように違っているか説明したいと思います。

 

基本的に女の子たちは素人

 

ゴーゴーバーと違い、入場料は掛かりません。入店すると、女性からアプローチしてくる事もありますが、店内を散策して好みの女性探しアプローチをかけます。女性にドリンクを1杯おごると少しの間会話を楽しむことができますが、バーと違って、誘っても交渉決裂となってしまうこともあるため、そのへんは覚悟が必要です。

お店に管理されている、いわゆるサクラの娘を置いているお店も無くはないのですが、基本的には定期的な性病チェックなどが義務化されている女の子というのはおらず、帰国後泌尿器科のお世話になりたくない人は慎重に。

おまけに、「セットアップ」と言う、いわゆる「美人局」のターゲットになり得る場所でもあります。

スケベ心丸出しでカフェで安く女の子を買おうと思ったのに、最終的にゴーゴーバーより何十倍も高い「授業料」を払ってしまったという話もチラホラ耳にします。

フィリピンでも日本と同様未成年の売春は犯罪行為ですので、誤って18歳未満の娘と関係を持ってしまい、それを警察にチクるぞとゆすられ、20万~ン百万も脅し取られるリスクもあります。

 

現地の警察を信用してはいけない

 

日本もそうですが、警察とヤクザ、マフィアの関係はいつの時代も切っては切れないもので、裏社会との癒着はどの国にもありますが、フィリピンは特にそれがヒドイです。いわゆる「賄賂」さえ払えば、ちょっとした犯罪ぐらいならその場でもみ消すことができてしまうなんてことも。

また、警察がゴーゴーバーのショバ代を徴収しているぐらいなので、警察への上納金が不足していると、否応なしに摘発の対象となります。

manilapdfnightmap1

ブルゴスやEDSAなどゴーゴーバーが軒を連ねるストリートでも、一部の店舗だけ摘発して後はお咎めなし、なんていう腐りきった対応も普通にあります。

ここらへんは日本の風俗と警察の関係とも少し似ているかもしれませんが。

 

安く買いたいならフィリピンの出会い系もしくはナンパ

 

英語が達者な方は、ピーナとの出会いにDate in Asia というサイトを利用されたことがあるかもしれませんが、まぁ素人のコがわんさかいます。ブス率は50%~70%ぐらいと、まずまず。中にはモデル級の美人や、彼氏を見つけるために登録しているバーの嬢などもいます。

もちろんレディーボーイもそれなりにいますが、ホントにレディーボーイかよ!とビックリするような美形オカマちゃんもいるので、なかなか侮れません。

とにかく、英語の勉強もかねて一度登録してみると面白いです。そこからFacebook上でつながって、芋づる式にバーの嬢や円光フレンドの輪が広がっていくかもしれません。

 

モールでナンパ

 

自慢話ではないのですが、マニラのMall of Asia, SMモールなどの受付嬢は、キレイな娘も多く、笑顔で話しかけると相手も愛想よく対応してくれます。年齢的なものもあるかもしれませんが、モールでヒマそうにしている嬢を口説くと、結構な高確率で最悪食事までは付き合ってもらえます。打率は 7戦 3勝と、負け越してはいますが、オキニに飽きて次を探すことになったらまた戦へ出かけて見ます。

モールのスタッフはたいてい1日300~500ペソという超安賃金で雇われているため、1000ペソでどや?どや?と持ちかけてみるのも手かもしれませんね。(モール内ではやらないでくださいね^^;)

 

まとめ

 

若いならクラブやモールなんかのカワイイ女の子をナンパ

フィリピン初心者でそんなに若くないなという自覚があるならゴーゴーバーへ

 

これが一番安心安全で安上がりでしょう、たぶん。

 

 

 

 

タンバイくん on Facebookタンバイくん on Twitterタンバイくん on Youtube
タンバイくん
ピナいっ!管理のネオニートことタンバイくんです。出会い系で女の子を漁りつつもKTV・クラブ、そしてゴーゴーバー通いを欠かしません。
読者様からも出会い系体験談ドシドシお寄せください♪( ´▽`)

コメントを残す

質問・感想など気軽にどうぞ

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*