セブのマンゴースクエアやその他地域にある日系カラオケ店まとめ(KTV・ビキニバー)

クラブ、バー、レストラン、ビキニバーなど様々なエンターテインメントに溢れ、毎晩のように世界中からの観光客でごった返すマンゴースクエア。

クラブはあまり好きではない人やクラブっていう年でもないし…という人がレストランやバー以外で訪れるお店と言えば日本人であればやはりカラオケです。

マンゴースクエアは外国人男性観光客目当てでホステスや風俗嬢、レディボーイの娼婦などがこれでもかというほど集まる、いわば日本で言うところの「吉原」や「金津園」のような立ち位置とも言えるかもしれません。(最も規模はかなり小さめではありますが…。)

そんなマンゴースクエアで、「カラオケ」と言えば「シダックス」や「カラオケ館」などではなく、ホステスさんがいる日本のキャバクラに近い殿方の遊び場です。(日本のフィリピンパブを想像していると、いい意味で裏切られる事でしょうw)

今回はそんなマンゴースクエアやその周辺界隈で日本人に人気のあるカラオケ店をご紹介します。

 

 

遊び方

Image result for club arena cebu KTV

基本日本のキャバクラなんかと変わりません。マニラのKTVともシステムはだいたい一緒です。

料金はどこも大体600ペソ(1時間)とかからで、飲み放題です。さらに店ごとのハッピーアワー(早い時間帯)では400ペソぐらいに下がる事も。レディースドリンクが1杯200ペソで、ドリンクをねだってくる嬢もいれば、おとなしく「ドリンク飲む?」と聞くまで会話を楽しんでくれる嬢まで様々。

同伴は…。嬢に直接聞いてみて下さいw

 

Arena

日本人男性でタイに行ったことがある人なら「ゴーゴーバー」というタイプのピンクなお店に行ったことがあるという人も多いと思いますが、ここフィリピンでは「KTV」「ビキニバー」などと呼ばれています。

「KTV」と言えばただの普通のカラオケを指す場合もあるだけに若干紛らわしいですね。

アジアの風俗に疎い人のために一応補足しますと、これらのお店はざっくり言うと日本でいうところのストリップのようなものです。もちろんお持ち帰りOK笑

アリーナではメインはステージでのハッスルなショーとなっていますが、別途料金を払うことで指名した女の子と一緒にお酒を飲んでいちゃいちゃしたり、個室でしっぽりとカラオケを楽しむこともできます。

料金は入場料が200ペソ、お持ち帰り料金が7500ペソ~となっています。

manilapdfnightmap1

 

小町

セブで日本食スーパーと言えば町屋マート!と答える日本人は多いと思いますが、ジャンルは違いますが小町は町屋マートの系列店で日本のカラオケが楽しめるカラオケスナックです。

予約すれば送迎サービスまでついてくる痒い背中に手が届くサービスが日本人経営らしいと言えます。料金も男性600ペソ、女性300ペソでリーズナブルに楽しい夜を過ごせそうです。

ハッピーアワーの時間帯に来店すれば更に安くセブの夜が楽しめます。

お持ち帰りは応相談!w

 

ラ・ボニータ

団体客も受け入れている大型KTVで、こちらも日本語が流暢なスタッフが対応しているので英語やタガログがわからなくても安心して利用することができます。

店内ステージで各種イベントやショータイムなどが頻繁に行われるので男性だけでなく女性と一緒に行っても楽しく盛り上がれるお店です。

チャージは1セット75分で男性600ペソ、女性が300ペソでハッピーアワーの時間帯には更にグッとお安くなります。

 

クラブクイーン

幅広い年齢層の日本人受けを狙った、清楚派カラオケ嬢が揃ったカラオケ店です。

料金は1セット60分で男性が600ペソ、女性は400ペソ。

カラオケ中は女の子がタンバリンやマラカスなどで盛り上げてくれるので、酔っぱらって楽しくカラオケを満喫できます。デートに利用するのもいいかも?

可愛い子が多くてオススメです(*´ω`*)

 

マンゴースクエアの場所


夜はナイトクラブへ行く現地の若者や、外国人からのナンパを待っているセミプロまで、とにかくいろんな種類の人が集まりますから、揉め事だけは起こさないよう十分注意しましょう。

立ちんぼ等の中には、睡眠薬強盗などで金品を強奪しようと考えているものや、未成年であることを利用して、警察とグルになっての美人局なども日本人はかつて被害に遭っています。そういった意味でも日本人は特にカモにされやすいので、十分警戒して遊ぶよう心がけましょう。

セブ現地就職→夜のガイド
風俗大国タイに20代で駐在員として派遣された後、バンコク・パタヤで女を買いまくる。東南アジアでの夜遊び経験は10年以上あり、月に最低一か国へ旅行する日常。もちろん独身。しかし子孫はすでにセブに残している模様。 執筆記事一覧

コメントを残す

注意: *がついている項目は必須事項です。お名前は本名じゃなくて大丈夫です。また、Eメールアドレスは公開されませんのでご安心下さい。 フィリピンに関する事なら何でも気軽に質問してください!

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*