マニラのニノイ・アキノ国際空港から市内への移動方法(タクシー・バス・Uber/Grab)

http://images.spot.ph/2017/01/16/ube_express640.jpg

日本のどの地方からフィリピンに向かうかによっても差は出ますが、

マニラの国際空港、ニノイ・アキノ国際空港に降り立った後は、移動やフライトで疲れてすぐにホテルに直行したい!という人が多いのではないでしょうか。

初めてフィリピンに渡航する場合は、旅前のリサーチでマニラの交通渋滞はかなりひどい、とかタクシー運転手の態度が良くない…などネガティブな内容のブログなどを見て「大丈夫かな」と心配になる人も多いはず。

土地勘がない外国ということ不安になるのは当然ですが、事前にどんな交通手段を使えばいいのか、どうしたら詐欺に遭わず、スムーズに移動できるのか。

それを把握するだけで不安は解消されます。

今回はマニラ国際空港ニノイ・アキノ空港から市内までの快適な移動方法をご紹介します。

 

マニラ市内までの交通機関

マレーシア、タイ、韓国などと違って、空港から市内までの電車はありません。

空港からの交通手段は、タクシーかバスのみになります。

 

タクシー

タクシー乗り場の見つけ方は至って簡単で、到着ホールからそのまま外に出るだけです。

到着ホールにも‘TAXI/BUS→’と看板にハッキリ表記されているのでここを誤る人は皆無だと思われます。

ただし、そこで黄色い色のタクシーと白い色のタクシーを見る事になります。

 

黄色いタクシー

Image may contain: outdoor

黄色いタクシーは空港から公式に登録された正規のタクシーで、安心して利用することができます。日本同様メーター制になっており、初乗り料金は70ペソ、それ以降は4ペソづつ値段が上がります。

それに対して白いタクシーは初乗り料金は40ペソ、それ以降300mおきに35ペソづつ上がっていくので市内に出るのにかかる運賃は黄色いタクシーのほうが50~60ペソ程度高くなります。

もしマカティやマラテが目的地の場合は渋滞の程度にもよりますが運賃は160~200ペソ、

およそ30分から1時間程度かかります。

もしフライトを調整することが可能であれば、渋滞が悪化する午後4時~8時よりも前に到着する便で渡航すると渋滞に巻き込まれずにスムーズに市内に行けます。

その場合は市内に出るための所要時間は30分です。

黄色いタクシーは空港で待機している運転手も多いため、よほど混雑していない限り5分以上待つことはほとんどないでしょう。

manilapdfnightmap1

 

白いタクシー

黄色いタクシー乗り場の後ろに白いタクシーの乗り場があります。運賃は上記に記載した通り。こちらに関しては料金面での注意が必要です。というのも、白いタクシーもメーターがあるのにも関わらずメーターを入れるのを拒否したり、相場よりも高い固定の料金を提示してくることが多々あるからです。

被害例としてはホテルに着くまで一切料金を伝えず、いざ料金を支払う段になって法外な運賃をふっかけてくるケースも少なくありません。

また料金面もさることながら、ツアーパッケージを交渉してきたり、疲れている時は特に対処がしんどいので、少々高くても黄色いタクシーへの乗車をお勧めします。

 

エアポートバス

http://images.spot.ph/2017/01/16/ube_express640.jpg

黄色いタクシーの横に乗り場があり、運賃は150ペソ、30分おきに出発します。

市内の要所で止まるので、もしバスが止まる地点からホテルが近い場合はメリットです。

ただしホテルの場所によっては荷物を全部もって10分以上歩かなければいけないので、土地勘がない場合や、特に日が落ちてからの時間帯はお勧めしません。

 

配車アプリ(Uber/Grab)

実はバスよりもお手軽価格で市内まで行けるのは配車アプリです。

Uber、Grab双方ともに、基本運賃は130~140ペソ程度と最安になっていますが、個人的にはUberの方がお勧めです。というのも、車の数が圧倒的に多いから、待ち時間も少なくて済みます。

ただし、飛行機が遅れたり、到着ゲートを誤って伝えると最悪ドライバーと会えない可能性も出てくるので現地での連絡手段がある人向けと言えるでしょう。ゲートを出ると空港WiFiも届きづらくなってしまいますので、事前に空港でSIMカードを買ってしまうのも良いかもしれませんね。

一応ニノイ・アキノ国際空港ではWiFiが使えるので、スマートフォンやタブレットを持っていれば現地で予約を変更したり、予約をすることも可能です。

現地の連絡手段がない場合で配車アプリを利用する際は、到着ゲートの位置をしっかり確認し、飛行機の到着時間や入国審査でかかる時間なども考慮した上で予約時間を設定するとスムーズです。

また日本の国際空港にいる時点で飛行機の遅れがある場合は、その時点で配車アプリで予約時間を変更すればミスコミュニケーションが防げます。

更に、タイミングによっては配車アプリ上でディスカウントコードを発行している場合もあるのでできるだけ安く配車アプリを利用したい場合は見逃す手はありません。

タンバイくん on Facebookタンバイくん on Twitterタンバイくん on Youtube
タンバイくん
ピナいっ!管理のネオニートことタンバイくんです。出会い系で女の子を漁りつつもKTV・クラブ、そしてゴーゴーバー通いを欠かしません。
読者様からも出会い系体験談ドシドシお寄せください♪( ´▽`)

コメントを残す

注意: *がついている項目は必須事項です。お名前は本名じゃなくて大丈夫です。また、Eメールアドレスは公開されませんのでご安心下さい。 フィリピンに関する事なら何でも気軽に質問してください!

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*